*

日記

恋愛を糧に強くなる

なかなか恋人ができないのは自己評価がへたくそなれっきとした証拠。自己評価がうまくできていないと越えなければならない恋愛のハードルを越えられなくしている。自分の価値を高く考えすぎていない人は、恋愛のハードルの高さを越えやすくしているという事実がはっきりします。
さらりと「自然に肩をたたく」又は「肩にそっと触れる」はズバリ「ボディータッチ」そのものだから、相手との「密接距離55センチ以内への無理のない侵入」と考えて「クリーンさのある素敵なにおいを備えている」ことが大切です。
直接顔を見ることのないSNSや出会い系サイトから出会った男女の方が、体を許す関係になるまであっという間である。内側をさらけ出して気に入ってしまうので、後から直接会うことになったら、心をさらけ出しやすいからである。
異性への愛情だけが恋人たちの関係を結んでいる。他に何も求めない二人だからどっちも愛する相手に、決してでたらめはできない。こういう気持ちが女も男も磨くのです。
自分勝手なことばかり言われそうな「ギャル系のかっこうをした女性」は男たちに遠ざけられることが多い。「デートの最中、自分勝手に振り回されて、疲労する」という固定概念があるわけだから。
親しくなりたい男性をこちらに振り向かせたいなら1分電話が効果があります!話の区切りがついたら自分から告げて「電話は終わり」と伝える。もしそのときに「終わり?もっと話せないの」と男性から誘ってきても、次の約束をする。これが短時間電話。
その息吹に触れたらいかなるものもかけがえのないものにする、素敵な愛の魔法なのだ。あたかも、暖かい光で黒い雨雲までも美しいものに変えてしまう輝く星のような力でみたいだ。




恋愛が長く続かない人の特徴

耳寄りな情報!暗闇の心因的な効果は、男性も女性も驚異的!まなざしが相手から隠すことができるので、安堵感・開放感を得ることができる。ほとんどといっていいほど人は、見られたくない表情を見られることは好きではないことですからね。
素敵だなと思っている人が飲んだら、自分も飲む。頭をポリポリかいたら、自分もポリポリかく。足を組みかえたら、あなたも足を組みかえる。こんな具合に好きな人の真似をがんばっているとお付き合いしたい相手に親近感がわくのが当たり前である。
意中の異性に近づくための方法。相手の女の人が唯一の人に違いないのだと予感させるキーワードを巧妙に言ってみると効果あり。例えば「あなただけの私」とか「オンリー」のと言うのが一つの効果的な技。
男性というものは、上手にコミュニケーションをとるのが不得手な生き物。異性を「からかう」行為を、無意識で選んでしまっていることばかり。結果として、からかうという動作でコミュニケーションをうまくとることができない異性とのお付き合いが開始されることもある。
女性はふつう男性のいろいろな才能が普通のレベルであることを好んでいる。全部が40点~50点あたりの男性が好感をもたれる。非常に飛びぬけている責めるところがない人は実は遠ざかれる。
手に入れたい人とのデートの約束を成功させるのに忘れてはならないことは、平日の過ごし方や一人の時間の過ごし方などを確認して、二人で共感できる部分を調査しておく事が最も大切。
「私はあなたを愛しています」の本当の意味にはどんなときでも「愛してもらいたい」が込められている。実は愛はお互いに差し出すふりをしながらでも、実情は奪い合いなのである。


略奪愛の失敗経験談

恋する人は嘘を言うのは避けたいと思っている。けれど、本気の恋だからこそ嘘だって少なからず存在する。傷つけることのない小さな嘘はむしろ嘘をつかれたパートナーを幸せな気持ちにさせることが多い。
初デートのときに女性を自分の彼女にしたいなら、食事場所選びに肝心な意味がある。モノにしたい女性が機嫌よく気に入ってくれたら、あなたを肯定してくれたサインなのであると考えるのが普通。
異性を愛する気持ちだけが恋人たちの心と心を一つに結んでいる。支えあう関係だからどっちも恋人に対して、いい加減にはできない。その気持ちが女を、さらに異性としての男を磨くのだ!
必見!暗闇の心への作用はすごい!瞳が拡大することで、近づきたい異性がうっとりする。生き物としての人間は、興味のあるものを見ると、しっかり見つめようとして、瞳が拡大する。
あなたと相手の会話中に、親しくなりたい相手が、こちらのことをしっかりと見た上で全然瞬きをしないようであれば、好意があるかも、という確率が非常に高いと言っても過言ではありません。
しばしば考えが固いと言われる女友達なんぞは、いいなと思うような男性とのチャンスがあっても輪の中に入れず、せっかくの男の人との数少ないチャンスなのにめちゃくちゃにしてやろうとしていると言える。
結局、空は女の恋のようなものである。例えれば海は男の恋愛のようなものである。男性の恋も女性の恋も空にも海にも場所に越えられない限度があるということに気がつかないものである。